インプラント

インプラントとはインプラント治療例長所と短所インプラントQ&A

◎ タイトル

 インプラントとは、なんらかの理由により失ってしまった歯を、顎の骨の中にネジ状の人工の歯根を入れその上に歯を作ることで治療する方法です。
 虫歯や歯周病、不幸な事故により歯を失ってしまった場合、失った歯がたった1本の場合でも機能と審美のバランスが崩れ、場合によっては身体の他の部分にも悪影響を及ぼす可能性もでてきます。
 ゆえに、なるべく早く失った部分を人工の歯で補う必要があるのです。

 虫歯や事故などによって部分的に歯が失われた場合は、ブリッジ治療や差し歯など、失われ方の状況によりいくつかの治療方法が考えられますが、経年や歯周病などにより多くの歯が抜け、残った歯が少なくなるとこれらの治療では対応できず、場合によっては入れ歯治療を選択することになります。
 ところが、入れ歯治療では、歯肉とその下の顎の骨の形が経年や健康状態により変化してしまうために、入れ歯が安定した状態で機能しなくなることがしばしばでてきます。

 このように、これまでの治療では解決できなかった問題を解決してくれるのがインプラント治療です。当院ではトーメンメディカル社のSPIシステム(取扱:株式会社アスパックコーポレーション)を導入しています。

インプラントとはインプラント治療例長所と短所インプラントQ&A

◎ インプラント治療例

前歯を1本失った場合


奥歯を失った場合


全ての歯を失った場合

インプラントとはインプラント治療例長所と短所インプラントQ&A

◎ 長所と短所

 インプラントには次のような長所・短所があります。
 インプラント治療においては、失敗を防ぐために、信頼できる医師のもと、入念な検査を行い、信頼できる方式と材料で治療を進めることが重要です。

長所
 ・歯の根があるので、良く噛め、装着の違和感が無い。
 ・噛む力は自然の歯と全く同じで、他の歯に負担をかけない。
 ・見た目は自然の歯に近く美しい。
 ・虫歯にならない。
 ・長持ちする。
 ・安全性が確認されている。

短所
 ・歯の治療では難易度が高いので、成功には総合力と高度な技術が必要。
 ・治療には時間と手間がかかる
 ・根を植える治療なので、重症な全身病のある時は治るまで治療できない。
 ・費用がかかる。
 ・根は体にとって異物なので、万が一、拒否反応などの異常が出た場合は早急な対処が必要
 ・正しいケアが必要

インプラントとはインプラント治療例長所と短所インプラントQ&A

◎ インプラントQ&A

Q 誰でも治療を受けることができますか?
A 普通の健康状態の人であれば、年齢的にあごの骨が完成する20歳前後から治療を受けることができますが、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病や糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は制限される場合があります。

Q 手術時に痛みはありますか?
A 手術の際は麻酔をかけて行いますので痛むことはほとんどありません。歯を抜いたときのように手術後少し腫れることはありますが、通常は2~3日で治まります。

Q 治療期間はどのくらいですか?
A インプラントを埋める部位や骨の状況などに応じて個人差がありますが、一次手術後、約3ヶ月~5ヶ月程度です。

Q 治療の費用はどのくらいかかりますか?
A 現在は保険の効かない自由診療扱いとなっています。インプラントの本数など、治療内容により異なりますので当院スタッフまでお問い合わせください。

Q インプラントはどのくらいもちますか?
A すでに25年以上使用されている方もいらっしゃいますが、大切なのはお口のお手入れと定期的な点検です。お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。当院スタッフの指示に従い、正しいブラッシングとお口の中を清潔に保つよう心がけてください。
また、半年に一度程度診察を受け、インプラント及びお口の中の状態をチェックすることが必要です。